治療内容

当院で歯の根の治療(歯内療法)を受けられる患者様へ

「その時痛くなくなったらそれだけでいいですか?永くご自身の歯を大切にしたくありませんか?」

当院は歯の根の治療(歯内療法)をとても大切にしています。これは建築でいうところの基礎工事と同じで、いくら綺麗な被せる歯を入れても土台が悪ければ、またトラブルを起こします。歯の寿命を決める大切な治療です。生涯何度もやり直しは出来ません。

どの歯科医院でも毎日のように行われる歯内療法ですが、これは全て等しく同じ治療内容と結果ではありません。神経のある歯に痛みが出た場合、神経を取ればひとまず痛みは収まりますが、必要十分でない歯内療法であった場合、その後時間の経過と共に腫れてきたり痛みが出たりします。そうしてまたやりなおし治療を繰り返す程に治療内容は複雑困難となり、場合により抜歯に至ることも多々あります。また、ダメージが大きい歯を抜歯すると 後のインプラント治療が困難になるため、再治療を徹底すれば残すことの出来る歯が抜歯されやすいことも日本ではまだ多く見られる事実です。










(歯の根の治療が成功して被せ物で補強して清潔を保って初めて歯は健康に永く保ちます)

「歯内療法の成功率と現状」

なぜそのようなことになるか、それは技術的に難しい治療であることは勿論ですが加えて日本の保険制度のルールに従って歯内療法を技術、設備、時間をかけて一所懸命やればやるほど不採算が積み重なり医療機関が疲弊しまうという事実があるからなのです。
国には現時点では助けてもらうことは出来ません。また、患者様にとっても回数や時間、費用のかかる治療は理解してもらえないことがこれまでの日本の治療で一般的であるからです。残念なことに、先進国において歯内療法の成功率は日本では高くありません。
毎日毎日、冠を外して悲しいやり直し治療をしています。

60,000人の患者様の神経を取った歯のレントゲンから不完全な治療であった割合は55%であったというデータがあります。つまり日本では一般的な歯内療法の成功率は 半分以下であるという事実をどうお感じになられるでしょうか?






「天然の歯を残すために」

欧米で発達進化したインプラント治療。現在も無くなった歯を噛めるようにする最良の方法であることは間違いありません。しかし、明らかに言えることは 「それでも天然の歯に勝るものなし」とういうこともまた間違いありません。
現在確実に世界で歯内療法は見直されつつある流れです。今後日本は追従していくでしょう。

日本では抜歯後にインプラントを選ぶことはあっても、そもそも質の高い歯内療法を抜歯にならないように選択されることはまだまだごく少ないと思われます。

正直、生涯抜かずに保たせる治療はことはできるのでしょうか?それはかみ合せの個性の違いやセルフケアの管理が深く関係し、予測は大変難しいことだと思います。しかしこれまでは手探りの暗闇での経験と勘に頼った治療でありましたが、先進機器の助けもあり、長期の予後確実性をより高めた治療が可能になってきました。 以前であれば迷い無く抜歯であった歯を助けられる割合(成功率)は自分自身において年々上昇しています。

我々は精一杯の気持ちを込めた治療努力とメンテナンス(力と細菌による炎症のコントロール)で患者様の歯を一本でも大切に永く健康に機能していただく力になりたいと思っております。

HP上で全ての治療内容を説明できません。治療内容は患者様個々の歯と症状により 変わるため百歯百様と言ってもいいでしょう。以下の動画は当院の治療の基本的な考え方とごく一部ではありますが症例を紹介しています。ご参考頂ければと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=NU8fd58Pv-M